Information

Blog

Blogにもどる

Backnumber

2019.11.13

旨い魚料理をもっと知ってもらいたい!新作料理完成です。

こんばんは!

シェフの湯本です。

今日は私がおすすめしたい一皿についてのブログです。

『クスクスを添えた「三浦半島 黒ムツ」のローストと野菜や魚介類たち ~ムール貝 甘エビ アオリイカのブイヤベース仕立て~』

75572069_796797197447527_7548305448198209536_n.jpg

当店のおすすめアラカルトメニューのメインは
お肉の方が人気で、魚料理をメニューに入れてもなかなか出ないのが私の日々の悩みの一つです・・・


実はすっごく美味して、選りすぐりの鮮魚を仕入れているんです。

 

日本でも名高い『神経〆スペシャリストの長谷川さん』『能登島漁師の角屋さん(みんなの親分)』
普段は市場にも出回っていない珍しい魚介類、そして抜群の旨さを誇る鮮魚たちです。

今回、休日にそんなことを思いながら、
いつも日課の家族の買い出しでスーパーに行った時の出来事です。

 

実はあまりBlogは書きなれないのですが
私なりのブログを書いておりますので、是非お付き合いくださいませ。

休日にスーパーへ買い物に行った際に
たまたまクスクスが目に入ったので、久しぶりに食べたいなと思い購入。

 

先日、子供のために、体にも優しい
自家製のミネストローネ(田舎風スープ)を作りました。

 

クスクスと温まる自家製ミネストローネ。
とっても美味しかったです。
ですが・・・

 

家族でこの料理を食べているそんな時・・・「やっぱり魚介で食べたいな~」と、思い、
今回のメニューを考えついたのです。

 

もちろん野菜とクスクスを合わせて食べてもおいしかったのですが
魚の出汁を吸わせたクスクスをさっと炒めて、
魚介の旨味た~っぷりのスープと海老やムール貝などの魚介類
更に長谷川さんからの最高な『三浦半島の黒ムツ』のローストを一緒に食べたら
絶対に旨いはず!!!!
そんな思いから、今回のメニューが完成しました。

そしてクスクスが懐かしくなったのには若かりし頃のイタリア時代も想い出も詰まっています。

私が初めてクスクスを食べたのは20代前半の頃・・・

 

イタリアトリノで開かれた『サローネ デル グースト』です。

 

当時、イタリアリグーリア州のレストランでも
同僚、ジョゼッペの奥さんが
アフリカ人だったっからか?どうかはわからないですが
レストランのメニューにも、よくクスクスが入っていました。

 

昔懐かしい、あの頃の思い出と、
20数年経って思い立った本当に旨い鮮魚、生産者さんへの思い。

 

『クスクスを添えた「三浦半島 黒ムツ」のローストと野菜や魚介類たち ~ムール貝 甘エビ アオリイカのブイヤベース仕立て~』

こちらは今、私が是非召し上げっていただきたい、一押しの魚料理メニューです。

 

海の物で、仕入れの都合もございますが
リクエストがございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。

03-3263-7567

メール予約⇒info@e-scugnizzo.com

シェフ湯本 篤志