Information

Blog

Blogにもどる

Backnumber

2018.05.16

サーロインの生雲丹添えにイタリア絶滅品種の赤ワイン???

こんにちは!

お久しぶりです!橋本です。

久々のBlogですみません。。。

ここ最近は初夏のような陽気で、天気のいい日は思わず心が躍ってしまいますね!
毎日、出勤途中に空を見上げながら伸びをするのが気持ちよくてマイブーム?です(笑)

さて、今日はワインの意外な組み合わせと発見をしたのでブログを書くことにしました。

「サーロインと生雲丹」×「北イタリアフリウリ州の絶滅品種赤ワイン」

全く期待していなかったというのは失礼ですが、、正直ビックリ!! 
試食して思わず、「これめっちゃいい!!」と声を大きくしてしまいました。
なぜ、驚いたかといいますと・・・

サーロインにはいいかな・・・と選んだワイン。
この果実味と複雑さは脂の乗ったサーロインには合うかな・・・と。

でも生雲丹とはさすがに・・・さすがに・・・

んん???んっ???え!!!!
う、美味い!!!

まさか北イタリアの内陸・・そして濃い目でスパイシーな赤・・・
しかも絶滅のこの品種が雲丹と???まさか合うとは想像もしていませんでした。

このワインの品種は「コルディノッサ」と言います。
全然聞いた事もなかったですし、検索しても出てきませんでした。

特徴としては木イチゴや赤色の果実を思わせる、まろやかな口当たりに、
黒胡椒やスパイス、ほんのりチョコレートのようなアフターテイストです。

32503747_1483286708447188_7965491753555853312_n.jpg

生産者は「エミリオ・ブルフォン」
絶滅品種の研究と復興活動が認められ、イタリアブドウ栽培界に大きな貢献した賞も受賞。

32718459_1483287385113787_7925257049682739200_n.jpg

「雲丹コースメインのサーロイン+生雲丹」
サーロインのじゅわっと溢れる香ばしい上質な脂と旨み。

生雲丹のまろやかな甘みがサーロインと一緒に、口の中でまとまって更に旨みを引き立ててくれます。

決して雲丹と喧嘩せず、また臭みを立てることなく、むしろ相乗効果します。

いや~色々な発見があって、可能性があるのがとても楽しいですね!

今日も新たなワインをテイスティングし、また発見をしていきます。
(と、いうこじつけをした、ただの酒好きです・・・笑)

今日も元気に生きます!!

マネージャ― 橋本 晋一

予約限定、雲丹コース詳細はこちら⇒http://e-scugnizzo.com/information/20180428182350.html

03-3263-7567