Information

Blog

Blogにもどる

Backnumber

2018.06.27

あのマンタが旨い!!

皆さん、「マンタ」って召し上がったことございますか?

あの水族館や図鑑で見るあのマンタ(エイ)です。

私は昨夜、初めて生で食べました。
その驚きを本日はお伝えします。

昔、マンタは漁で上がると邪魔者で捨てられていた魚でしたが
「魚コンシェルジュ」神経〆スペシャリスト長谷川氏の手により、驚くほどの大変身を遂げます。

マンタは死後、鮮度が落ちると、アンモニア臭が出てきます。
これを神経〆の技術で、最高な鮮度が保たれ、今までの常識を覆し、
召し上がった方からはマグロを超える!との声まで上がったほどでした。

私は昨日、シェフから試食で出された際、これなんだろう???
何も言われず食べたので、当然のように何だろう・・・という疑問が浮かびました。


カジキかな。。。いや、マグロ?キハダマグロ?ん~時期的にカツオかな~・・・

「シェフ、すみません、これめっちゃ旨いんですけどマグロ系ですか??もしくはカジキでしょうか?」
と質問。

シェフ「長谷川さんから届いたマンタ」・・・マンタ???マンタって・・・

聞いてびっくり!まさかまさかのヒメイトマキエイでした!

36300520_1529534783822380_2863703963260157952_n.jpg

そしてシェフ湯本の思考を凝らしたメニューが昨夜メニューイン!
サカナビト長谷川氏よりマンタ(※ヒメイトマキエイ)のタルタル クロスティーニ1300円

昨日のディナーで大好評でした♪ 

数量限定の一押しメニューですのでお早めに(^^)/

他にも夏らしい、穴子やウナギ、生ウニやサマーポルチーニと夏祭りのように盛り上がっている
最近のスクニッツォ食材近況情報でした~!

マネージャー 橋本