Information

Blog

Blogにもどる

Backnumber

2017.04.03

飯田橋に短角牛あり!!!岩手山形村 短角牛!!!

20170403224128.jpg

岩手短角牛!

 赤身肉を知ったときの旨さ!!!ずっと食べてられる肉だ!!!

こんなお肉あるんだな・・・・としみじみ・・・・

何もわからず・・・・どんな牛かも・・・場所も・・・・

本当に無知の世界から入り虜になりました。

こんな感じです。

とあるA業者さんから 仕入れた短角牛と

B業者さんから仕入れた 短角牛

なんでだろ~~~~同じ名前なのに 味が違うような・・・・。

そんなことが何回もあり、確認したところ私が好きな短角牛は

岩手県山形村(現 久慈市)ここの短角牛でした。

それから始まりました、山形村とのお付き合い。

 

ある日、常連のお客様が「山形村短角牛の生産者さん」を連れてくる!!と

言われ お店でお会いしたのは 若くてイケメンな柿木さん。

いかつい方を想像していたら

なんだかお洒落な方・・・。

開口一番

「短角牛ってどんなお肉ですか?」

な。な、な、なんて意地悪な質問!!!(笑)

びっくりしました。

私は

「赤身主体というのが好みのポイント。そして脂身も美味しく、噛めば噛むほど味わいがあります。

ただ、仕入れる業者さんによって味が違うのですよ・・・・・。

その中で 自分は山形村のお肉が好みだったので 指定して仕入れるようになりました。」

このやりとりが山形村の短角牛を広めようと尽力されてる柿木さんの心に響いたようで(合格かな(笑))これをきっかけに 交流が深まり現地に遊びにいけるようになりました。

今回は 惚れ込んでる牛「短角牛」にスポットを当ててお話ししたいと思います。

今月も「短角牛」しっかり在庫してますよ!!!

                         chef 近谷